最近では禁煙外来という診療科目がありますが、どのようにして禁煙治療をしていくのかをこちらではご紹介していこうと思います。禁煙治療を受けることによってスムーズに禁煙ができますので禁煙したい方は参考にしてみてください。

禁煙治療薬はニコチン受容体に作用して、禁煙効果を得る

喫煙することは健康被害につながってしまいますので、禁煙をサポートするためのチャンピックスという禁煙治療薬を使用した治療が行われています。
たばこにはニコチンが含まれていて、ニコチンは脳内のニコチン受容体に作用すると神経伝達物質のドパミンを放出します。
ドパミンに関しては快楽物質と言われてるもので、幸福感を得ることができる物質になるために、そのためにニコチン中毒となってたばこを止めることが難しくなります。
禁煙治療薬として使用されるチャンピックスの効果としては、ニコチン受容体にニコチンの半分ほどの作用を及ぼすことで、少しだけ活性化させる役割があります。
禁煙することで100%ニコチンを摂取しないようにすると、離脱症状を発症してしまいますので、全てを阻害するのではなく少しニコチン受容体を活性化させる作用を与えることによって、離脱症状が現れることなく禁煙治療ができます。
チャンピックスを服用していることによって、たばこを吸った場合であっても、すでにチャンピックスに含まれているバレニクリンがニコチン受容体と結合しているために、喫煙によってニコチンを摂取してもニコチン受容体が活性化することを防ぐ効果があります。
この効果のためにたばこを吸うことによる満足感が得にくくなりますので、たばこを吸うことを少しずつ減らしていくことが可能になります。
現在の医療機関では禁煙外来を設置しているところもあり、禁煙治療薬を服用する治療を受けることができます。
禁煙外来では保険診療によって、12週間における禁煙治療を受けることが可能です。
従来まではニコチン製剤による禁煙治療が行われていましたが、現在の治療の主流は禁煙治療薬を服用する方法となっています。
禁煙治療薬を服用する治療方法は高い効果を得ることが可能なために、成功率の面でも高い数値を記録していますので、高い確率で禁煙につなげることができる治療法となります。